特別養護老人ホーム

ローマンうえだの特色

ローマンうえだは、上田市東部、豊殿地域にあり、上信越自動車道ローマン橋南に位置し、周囲を田園に囲まれ、四季折々の美しい自然と人々の農作業を観ながら寛ぐことができる地域に密着した特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)です。

 

ローマンうえだ外観  ローマンうえだ外観  談話スペース

当施設は、ご利用なさる方々が、住み慣れた地域で生き生きと自分らしく暮らせるよう、日常生活上の支援や機能訓練など様々な介護サービスを提供いたします。入所は原則として介護認定の結果「要介護」と認定された方が対象になります。

ローマンうえだでの暮らし

その人にとってのより良い一日を 

ご利用者様を中心に、ご家族や地域の方々と連携しながら、ご本人にとってのより良い一日をチームで支援しています。

センター方式を囲む   ローマン喫茶

様々な交流の機会

毎日、大勢のご家族や地域の方々、ボランテアさんが訪れます。

手芸ボランティア   面会のご家族

外出支援

ご本人の希望をもとに、自宅や馴染みの場所、大切な人に会いに出かけます。

直売所へお買い物   我が家へ帰省

より良いサービスを

施設サービス第三者評価の受審のほか、住民、ボランティアさんとの意見交換会など、利用者の声、地域の声を施設運営に反映しています。

安心の会ボランティアさんとの意見交換会   家族会

看取り支援

協力医療機関と連携し、多職種が協働して、健康維持のための支援や、看取り支援を行っています。

看取り支援